装飾画像
カンファレンスセミナーキービジュアル

開催目的

東京2020大会開催を契機に、企業・団体等によるパラスポーツに対する取組や支援は大きく進展してきました。東京2020パラリンピックで高まったムーブメントを、より一層発展させ、「共生社会の実現」に向けて、根強いパラスポーツ活動を続けていくことが求められています。

このシンポジウムでは、さまざまな立場の有識者の方に登壇いただき、パラスポーツの現在地と課題を検討し、主に「地域還元」や「まちづくり」の観点から、今後のパラスポーツ活動の展望を考えていきます。

貴社・貴団体におけるパラスポーツへの関わり方や、課題解決のヒントを知ることができます。
皆様、ぜひお申し込みの上、ご参加下さい。

出演者

カンファレンス実施日時

二宮 清純にのみや せいじゅん

スポーツジャーナリスト
株式会社スポーツコミュニケーションズ代表取締役

【略歴】1960年、愛媛県生まれ。
明治大学院博士課程修了。
フリーのスポーツジャーナリストとしてオリンピック・パラリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシングなど国内外で幅広い取材活動を展開。
2010年にパラスポーツにおける国内初の総合サイト「挑戦者たち」をNPO法人STANDと共同で立ち上げる。
広島大学特別招聘教授。経済産業省「地域×スポーツクラブ産業研究会」委員。
認定NPO法人健康都市活動支援機構理事。

カンファレンス実施日時

廣瀬 俊朗ひろせ としあき

元ラグビー日本代表キャプテン
株式会社HiRAKU代表取締役
TEAM BEYONDメンバー

【略歴】1981年生まれ。
現役引退後は経営管理修士(MBA)を取得。ラグビーW杯2019では公式アンバサダーとして活動。TBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」への出演など、幅広い活動で大会を盛り上げた。
現在は株式会社HiRAKU代表取締役として、ラグビーに限定せずスポーツの普及、教育、食、健康に重点をおいた様々なプロジェクトに取り組んでいる。2020年10月より日本テレビ系ニュース番組「news zero」に木曜パートナーとして出演中。

カンファレンス実施日時

東 一洋あずま かずひろ

株式会社日本総合研究所 地域・共創デザイングループ
スポーツ・イノベーション・チーム(STI)
シニアマネージャー

【略歴】
神戸大学工学部建築工学科卒業後、日本総研設立メンバーとして参加。
スポーツによる多幸社会の実現・地域創生の推進、スタジアム/アリーナなどスポーツの場を中心としたまちづくりに関わるPFI/PPPプロジェクトに多数従事するなど、一貫してスポーツ関連の官民連携プロジェクトを支援。

カンファレンス実施日時

太田 渉子おおた しょうこ

パラテコンドー 東京2020パラリンピック出場

【略歴】1989年生まれ。
先天左手全指欠損をもって生まれる。小学校でスキーと出会い、中学生時に日本障害者スキー連盟の強化指定選手となる。2006年トリノパラリンピックに史上最年少選手として出場し、バイアスロンロングで銅メダルを獲得。2010年バンクーバーパラリンピックではクラシカルスプリントで銀メダル獲得、2014年のソチパラリンピックにも出場し、3大会連続でパラリンピックの出場を果たす。
東京2020大会から新競技となるパラテコンドーと出会い、2018年に本格的にアスリートとして再び勝負の世界へ戻ることを決意。
同年、ソフトバンク株式会社に入社し、会社での業務を両立させながら練習し2021年東京パラリンピックに出場した。

※内容、出演者等につきましては、変更となる場合がございます。最新情報につきましては、随時、本ウェブサイトにて更新いたします。

プログラム(予定)

カンファレンス実施日時
20210906

ページトップへ