「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!

2020.04.15
「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!

TBSラジオで毎週月曜日~金曜日18時から放送されている番組「アフター6ジャンクション」。ライムスター宇多丸さんがメインMCを務める「聴くカルチャー・プログラム」として人気の番組です。
この番組の中で2019年6月から始まったコーナーが「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」。「アフター6ジャンクション」流の視点で、パラスポーツの観戦の楽しみ方や潜在的な魅力といったパラスポーツの「おもしろ」を掘り起こすことを目的に、およそ1年間にわたり、毎週月曜日に放送してきました。
しかし、惜しくも2020年3月30日をもってコーナーは終了。最終日を迎えた放送では、TEAM BEYONDの一員として番組で活躍してきたみんなのたかみちさんが登場し、宇多丸さん、TBSアナウンサーの熊崎風斗さんとともに番組コーナーを振り返りました。さらに、放送終了後には3人へのインタビューも敢行。今後のパラスポーツへの思いなどを伺いました。

最終回のテーマーは「すごいパラアスリート総まとめ」

「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!

番組登場時から、今日で終わらせるのは惜しいという気持ちが全開のみんなのたかみちさん。「もう1年続けたいけど、最終回と言うことでトドメを刺しに来ました」と熱い気持ちがあふれていました。
そんな中、スタートした最終回のテーマは「すごいパラアスリート総まとめ」。みんなのたかみちさんが競技ごとに注目選手を紹介してくれました。

まず、紹介した競技は「陸上」。紹介した選手は走り幅跳びの高田千明選手。2019年11月にドバイで行われた世界選手権の女子走り幅跳び・視覚障害T11(全盲)クラスで4位に入賞し、パラリンピック出場の内定を決めました。
全盲の選手はコーラーと呼ばれるパートナーが拍手をすることで選手に距離を知らせているのだそう。

次に登場したのが、同じく走り幅跳び選手のマルクス・レーム選手。ドイツ代表に選ばれている選手で、こちらは義足を付けて飛ぶT64クラスに属します。8m50cmという大記録を持つ世界王者で、「オリンピックでも互角に戦えるほどの力を持つ」とみんなのたかみちさんは絶賛。

「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!

ちなみに、同じ義足での走り幅跳びで、マルクス・レーム選手より1段階障害が重いT63のクラスで戦う山本篤選手が、日本初の銀メダルを獲得しているそうです。

続いて、紹介した競技は「射撃」。この競技では2001年生まれの超新星、マニッシュ・ナルワル選手が話題に。インドの選手で、2016年から競技を始め、インド国内で行われた数々の大会でメダルを総なめ。世界大会では銀メダルを獲るなど、登場以来活躍を続けているすごい選手。
射撃では、的の中心が10.9点、全部で60発打つので、最高得点は654点になります。このマニッシュ・ナルワル選手は、最高得点633.3点と驚異の数字をたたき出している選手なのだそう。
日本での注目選手には、射撃でパラリンピック内定第一号となったツインテールが印象的な水田光夏選手を挙げていました。「女性は集中する競技で強いと思います」とみんなのたかみちさん。今後の活躍にも期待です。

最後に紹介した競技は「ボッチャ」。赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げて、ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールにいかに近づけるかを競うスポーツです。みんなのたかみちさんによるとタイの選手が世界的にも強いとのことです。その中でも注目選手は、ワッチャラポン・ポンサ選手。世界ランキング3位という実力の持ち主なのだそう。

しかし、日本だって負けてはいません。世界ランキング2位の杉村英孝選手、23位の廣瀬降喜選手が白熱の競り合いを見せているとのことです。「廣瀬隆喜選手はパラリンピック内定が決まりました、実は杉村選手はまだ内定していません。日本の大会で負けてしまったのです」(みんなのたかみちさん)。もしかしたら、今後内定が増えたり、状況によっては選手が変わったりする可能性もありそうです。

みんなのたかみちさんの熱のこもった紹介に、宇多丸さんや熊崎アナからは「みんなのたかみちさんが入り口となって、パラスポーツに入ることができた」、「いろいろな世界があって面白かった」との感想も。最後まで明るく楽しく、パラスポーツの魅力を伝えてコーナーは終了しました。

番組を終えてのインタビュー!パラスポーツへの印象はどう変わった?

番組終了後に、宇多丸さん、熊崎アナ、そして、みんなのたかみちさんに番組を通してパラスポーツに対する印象の変化や、気になる競技、さらには今後のパラスポーツを盛り上げる意気込みを伺いました。

「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!

宇多丸さん:番組が始まる前は「パラスポーツも知れば面白いんだろうな」くらいの感じだったのが、実際に知って面白く感じるようになったので、とてもありがたかったです。

毎回放送で言っていた「全部違って、全部いい」じゃないですけど、それぞれのパラスポーツならではの特性が、健常者のスポーツ以上にあるなと感じました。競技ごとの見どころとか工夫ポイントとか、選手の皆さんのすごいところがそれぞれ違ったし、場合によっては健常者の競技よりもハードなものもあったり、見ていて派手なものがあったり。毎回、知識が増えていく感じが楽しかったし、新鮮でした。

あと選手の方とかコーチ、いろいろな器具を作ったりする会社の方など、本当にいろんな分野の方がいらしたので終わるのが本気で残念ですね。

熊崎アナ:私は仕事でスポーツ実況もやっていて、パラスポーツのルールもある程度知っているかなと思っていました。でも、いざ蓋を開けてみると目から鱗の知識や、「そういう気持ちでやっているんだ」という競技の魅力を知ることができました。当然オリンピック種目も一緒だと思いますけど、選手だけじゃなくて支える人がいて、明確に一つのチームとして上を目指してやっているんだなっていうことを、立体的に知ることができたのが、やっていて良かったなと思うところですね。

個人的には体験に行ったり、取材に行ったりして、パラスポーツの魅力に気が付かせてもらえたのも嬉しかったです。これからの仕事にも繋がりそうだし、繋げないといけないなと感じる一年でした。

「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!
「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!

みんなのたかみちさん:パラリンピックの競技は全部で22競技あるのですが、正直人間なので、全部平等に好きになれなくて(笑)ここで話すとき、それが出るんじゃないかってめっちゃプレッシャーがあったんですよ。

パラ射撃を紹介する日はすごい楽しみだったんです。でも、その日は宇多丸さんが残念ながら体調を崩されてお休みでしたけど(笑)好きな競技の時は、こういうことを話そうとか、宇多丸さんがこう言ってきたらこう返そうとか、頭の中で膨らんでいくんですよね。あと、車いすバスケは、バスケットボールが身近なスポーツなので、食いつきやすいですし、そもそもスポーツ自体が面白い。

でも中には、そこまで面白みを消化しきれないものもあって。
実際、見るだけじゃ分からない競技では、何とかして競技団体の理事長にコンタクトを取って、「理事長、これの面白いところはどこですか?」って聞いたこともあります。そのとき、理事長から「僕もまだ分からないんだ」と言われたんですよ(笑)「これどうするよ!」となって、ディレクターの方たちと色々しゃべりながら「どうしよう、どうしよう」とやらせてもらったこともありました(笑)
結果、全ての競技を触れてきた中で思ったのが、22競技全部が全部、同じように勧めないといけないなと。ここはこの選手の良さを紹介しようとか、これはルールだけでも十分伝わるなと、ポイントを絞る大切さを感じましたね。

みんなが気になった競技や選手は?

宇多丸さん:気になる競技は、やっぱりパラテコンドー。話を聞くだけでも「すげー!」みたいのがあったし。あと、テコンドーと似ているけど、パラ柔道も確か組手争いだからめっちゃハードなんだよね。

熊崎アナ:より攻撃的でスリリングな展開が予想されるとおっしゃっていましたね。

宇多丸さん:(痛みなどに)たえなきゃいけない。

みんなのたかみちさん:そうそう(笑)

熊崎アナ:過酷すぎますよね……。

「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!

宇多丸さん:パラ陸上の唐澤剣也選手のガイドランナー・星野和昭さんの話も面白かった。だってすごいことじゃない、選手と完全にシンクロしてやんなきゃいけないって。熊崎君も言っていた「チーム力が競技力」みたいなことでいうと、ガイドランナーってすごい仕事だなって。誰にもできるもんじゃないなって思ったよ。

宇多丸さん
コーナーが始まった初期に紹介した「パラ卓球」の卓球台(注1)も印象的だったな。現代アートのようで。

※注1
2019年7月15日放送で登場した「パラ卓球台『PARA PINGPONG TABLE』」。
https://jptta.or.jp/para-pingpong-table/

みんなのたかみちさん
選手によって見え方が違うということを表現していた台ですね。

宇多丸さん
人それぞれの感じ方を再現するのというのは面白い試みでしたね。

「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!

熊崎アナ:私が印象に残っているのは、ブラインドサッカーの選手・菊島宙(注2)さんですね。

※注2
2002年生まれの現役女子高生エースストライカー。ブラインドサッカー女子日本代表。
2019年2月「さいたま市ノーマライゼーションカップ2019」vsIBSA世界選抜(10対0)でMVP(9得点)獲得。

みんなのたかみちさん
分かります。

宇多丸さん
菊島さんはなかなかのスターが来た感がありましたね!

熊崎アナ
動画を見て「すげーっ!」ってなっている上に、僕らはパラスポーツキャンペーンでPK対決をさせてもらって目の前で実力を体感したので。

宇多丸さん
確かに。

熊崎アナ
ただ、まだ10代で若いし、喋ってみると少女らしさ、可愛らしさもありますよね。一方でプレーはえげつないぞっていう。プレー部分と人間性、両方を知ることができたという点で菊島さんが印象的ですね。

まだまだパラスポーツ熱は終わらない!今後の抱負

宇多丸さん
このコーナーでパラスポーツの魅力を知った分、来年放送されたら普通に見ますよね。すごい勉強になった。また、来年もお願いしますよ(笑)

熊崎アナ
オリンピックもパラリンピックも来年どういう仕切りになるのかまだ分かりませんが、実況をするというのがひとつの大きな到達点だと思いますので、2021年、何らかの形で関わりたいですね。「実況して貢献する」って偉そうなことは言えないですけど、何か一つ東京パラリンピックに関わるような一人ではありたいなと思っています。この1年かけて頑張っていきたいですね。

「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!

みんなのたかみちさん
これまで22競技紹介しましたけど、もっと面白いパラスポーツが実はあったりします。知ってもらったら絶対、誰か面白いと思ってくれる人がいるかもしれないので、どんどん伝えていけたらなと。そういう第一人者になれたなとは思いますね。売れてまたここに来たいです(笑)

一同
これからも頑張りましょう!

「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」最終回!みんなのたかみちさんによるパラスポーツのすごい選手総まとめ!!

ラジオ番組内での「ビヨンド・ザ・パラスポーツ」コーナーは終了してしまいましたが、いろいろな角度からパラスポーツへの興味を深めるTEAM BEYONDは、まだまだメンバー募集中です。あなたもメンバーの一員として、パラスポーツの魅力に触れて、体験して、一緒に応援してみませんか?TEAM BEYONDへの参加を心よりお待ちしております。

20200415

ページトップへ