パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

2021.03.18
パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

「東京オリンピック・パラリンピックのマラソンは、どちらも北海道で行われる」と思っていませんか? 実は間違い! 東京2020パラリンピックのマラソンは東京で開催されます。

今回はパラスポーツ大好き芸人「みんなのたかみち」さんに、パラマラソンコースの注目ポイントを案内してもらいました。タレントでTEAM BEYONDメンバーの武井壮さんから贈られたという愛車のバイクで巡りながら、お笑い芸人であるたかみちさんならではの解説は必見です!

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

【新国立競技場】
車椅子とのコンビネーションがカギになる!

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

――スタート地点となる新国立競技場の前にやってきました。今回のパラマラソンのコースはどんなスポットを巡るのでしょうか?

たかみち:スタート地点である新国立競技場から、皇居、銀座、東京タワー、浅草と東京の名所を巡りながら、東京らしさを感じられるコースになっています。
このスタート地点で見てもらいたいのは、選手たちの車椅子のかっこよさ! そして一斉に走り出す躍動感です!
大会が延期になってからさらに練習する中で蓄積された出場選手たちの1年間分の思いが、このスタートに出てくると思うんですよね。

――待ちに待った本番ですしね。

たかみち:漫才日本一を決定する大会「M-1グランプリ」(以下M-1)でも、気持ちが高ぶりすぎてセリフを噛んでしまうことがあるんです。同じように、車椅子のプロである選手たちもかける思いが強すぎて、小さなミスをしてしまう可能性があります。

漫才に例えるなら、「相方」になる車椅子とのコンビネーションも見どころになってきますね。「あのコンビは息が合っててテンポがいいな〜!」みたいにね。そういうコンビネーションを発揮すれば軽快なスタートを切れるはず!

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!
パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

――芸人さんらしい解釈! では、武井壮さんから頂いたという愛車に乗って案内をよろしくお願いします!

【富久町西交差点】
天国と地獄が待っている! 急勾配の坂

――国立競技場を抜けて、到達する最初の関門が「富久町西」交差点です。ここは、なかなか急な坂ですね。

たかみち:コースの最初と最後に、一番高低差があるこのスポットが来ているんです。考えた人はエグいですよね(笑)。M-1に例えるなら「準々決勝までは室内なのに、準決勝に行ったら過酷な外でやらされるの!?」という気持ちと一緒ですよ。まあ僕は準決勝の舞台に立ったことすらないですけど(笑)。

――復路もここを通るんですよね。そのときの見どころは?

見どころは往路と復路での選手の表情の違いですね。漫才でも、ネタの始まりは自信があるボケを持ってきているから、芸人の表情も自信満々なんですよ。でも、最後の方になってくると、観客がウケていればいるほど「このあとミスったらどうしよう…」という考えが頭によぎる。そうすると表情にも緊張感や不安のようなものが出てくるんですよね。

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!
パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

たかみち:選手も同じように、最初は自信満々でスピードに乗っていたのに、復路でこのスポットを通るときには心境が変わっていると思いますよ。

【市ヶ谷~飯田橋】
景色のいい平坦な道とは裏腹に、選手同士の駆け引きが!?

――次に紹介するスポットは、市ヶ谷から飯田橋の間の道。ここは川沿いで、景色もいいですね。

たかみち:ほぼ平坦な道が続くこの場所は、漫才で例えるなら、1回目の大きなボケで笑いをしっかり取ってから、テンポよくかけ合いながら漫才を続けているところ。あえて大きいボケをたたみかけずに、しっかりとボケとツッコミのやりとりを聞いてもらって、「安定感のある漫才」を観客に見てもらうパートですね。

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!
パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

たかみち:マラソンでも、ここで力みすぎると、逆にそのあとの展開がしんどくなります。選手はみんな、次に誰がトップバッターに出るか、駆け引きをしながら走っているはずです。
平坦で景色もいい道ですが、選手たちの心は複雑だと思いますよ。このスポットは沿道からの応援もしやすい場所かもしれないので、その駆け引きに注目してみるのもいいですね。

復路の場合は、さっき見た「富久町西」交差点の坂が待っているので、漫才でいうとオチの直前。最後のエネルギーを溜めているところです。ここで力尽きては、最後の坂、登れませんからね。

【銀座】
都会のど真ん中を走り抜ける! 華やかなスポット

――こんな街中も駆け抜けるんですね!

これはなかなか見られない風景になると思いますよ~! 銀座のビルに囲まれた街中を、車椅子が一斉に駆け抜けていく様子は圧巻でしょうね。ビル沿いということもあり、選手も他の場所に比べて走りにくいんじゃないかなと思うんですよね。
だからこそ、ここは技の見せどころなんです。漫才で言うと、ツッコミの“腕”ですね。

たとえばM-1で3年連続準優勝記録をもつ「和牛」さんの場合、水田信二さんの面白いボケに対して、川西賢志郎さんが一言ツッコむことで、さらに面白くする。ツッコミ側の技を見せてくるんですよ。

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!
パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

――マラソンでは、その “腕”は、どのような形で見られそうでしょうか?

ビルの間を抜けて走るからこそ、思ってもみない風が吹くこともあると思うんです。選手は流しながら走っているように見えて、細かなコントロールをするんじゃないかと。

ここでもうひとつ漫才を例に出すと、2020年のM-1で3位だった「見取り図」さんは、台詞を噛んだんですけど、噛んだことを笑いに変えたんです。これも“腕”のひとつですよね。

たかみち:技術があれば、どんな風がきても、逆に風を活かして進むことができる。そうした、ちょっとした動きやコントロールを行っている選手の姿も見られたらいいなと思います。

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

【浅草】
後半戦に向かって残りの力を振り絞るターニングポイント

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

――続いての注目スポットとして浅草近くの駒形橋付近へやってきました。このあたりは、たかみちさんにとっても縁のある場所のようですが。

たかみち:この近くにお笑い芸人の小島よしおさんのスタジオ「ピーヤ蔵前」があって、僕はそこで月に2~3回ほど、子ども向けのイベントをやっているんです! そのイベントで着ている衣装に着替えてみました!
「みまみん」というグループで、「メロメロメロン」というメロンの皮を題材にした曲を歌っているんですよ。

――すごいインパクトですね。チラチラ登下校の子どもたちが興味深げに見ています(笑)。コースとしては、この駒形橋より少し先、言問橋付近で折り返しですね。

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!
パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

たかみち:そう。ここが中間地点です。ゴールに向けて残りの力をどれだけ出し切れるかが大きなポイントになる場所。僕が注目しているメダル候補の佐藤友祈選手(リオ2016パラリンピック、男子400m、1500m銀メダリスト)がどれくらいの順位に入っているのかも、気になりますね。

漫才では起承転結の「転」。ここからの展開次第で、ウケも変わってきます。選手たちにとってはここまで走ってきた往路が復路になり、どんな走りをしていくかで、勝負が面白くなっていくはず。

たかみち:僕は芸歴16年目で、ずっとコンビで漫才をやってきましたが、相方が名古屋へ行ったのをきっかけに11年目から初めてピン芸人になりました。これって、自分にとっての折り返し地点なんですよね。
そこから試行錯誤して、今はメロンの格好で、子ども向けの「おうた」を通してみんなに笑いを届けています。僕にとってもこの場所はターニングポイントなんです。

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

精一杯走る選手たちを応援の力で全力で後押し!

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

――これまで5つのスポットを巡ってきましたが、最後にこのコースについて一言お願いします。

たかみち:最初に急な下り坂があって、平坦な道を走った後に華やかな銀座へ進み、浅草で折り返す。また平坦な場所を走って、最後に急な上り坂……。東京って表面的にはきらびやかなイメージかもしれませんが、坂があって上がって下がってと、一本調子では進めない街なんですよね。

僕の人生に重ねて考えると、今ちょうど市ヶ谷あたりを走っているんじゃないかなと思うんです。これから華やかな銀座へ向かって、「おうた」を極め、スター芸人になって……。そんな想像をしながら走っている途中です!

――ちなみに最後までお笑いで例えられていましたけど、「マヂカルラブリー」さんが話題になった2020年のM-1、たかみちさんはどのような結果でしたか?

たかみち:あ、僕、出てないです(笑)。偉そうに語ってしまって申し訳ありません! つい熱くなっていろいろとコースの注目ポイントを語りましたが、こんな過酷なコースに挑戦する選手たちを全力で応援しましょう! 選手たちにとってもそれが力になるはずです。

パラスポーツ芸人「みんなのたかみち」さんによるパラマラソンコースガイド!

ぜひ、みんなで応援しましょう! たかみちさんへの応援もお待ちしております(笑)

20210318

ページトップへ