5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

2021.03.31
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

2021年3月13日(土)、TBSラジオ「アルコ&ピース D.C.GARAGE」と「TEAM BEYOND」がタッグを組み、TEAM BEYONDメンバー向け動画配信ツール「AIR STADIUM」とTBSラジオ公式YouTubeでパラスポーツ体験動画が配信されました。

今回の配信では、5人制サッカーと車いすラグビーをピックアップ。それぞれ日本を代表するパラアスリートをゲストに迎えて、パラスポーツの魅力を深掘りしました。アルコ&ピースの平子さんはラグビー経験者、酒井さんはサッカー経験者とのことで、二人ともスポーツには自信があるようですが…気になる当日の様子をご紹介します。

声や音を頼りにするパラスポーツ!5人制サッカーのルールとは?

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

まず、お二人が体験したのは5人制サッカー。ブラインドサッカーとも呼ばれている競技です。ゲストにはブラインドサッカー元日本代表の落合啓士(おちあい ひろし)さんと、日本ブラインドサッカー協会の髙山ゆずりさんを迎え、ルールやプレーについて教えてもらいました。

5人制サッカーはフットサルを応用した形態のゲームで、フィールドプレーヤー4人は目隠しをしてプレーします。国際大会では、このフィールドプレーヤーは視覚障害者だけになりますが、キーパーは国際大会でも国内大会でも健常者がプレーすることになっているとのこと。
また、ゴール裏には「ガイド」と呼ばれるコーチが立ち、ゴールの位置を声で指示します。さらに、ディフェンスの人がボールを取りに行くときは、スペイン語で「行くよ」という意味の「ボイ」という言葉を出さないとファウルになってしまうことなど、落合さんから基本的なルール説明がありました。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

「今は国際大会では『ボイ』が使われていますが、もしも大阪だったら『まいど』とか、何でもいいから言葉を出そうと、自由に設定されていたんですよ」(落合さん)というエピソードに、アルコ&ピースの二人も「へえ!」とびっくり。

また、5人制サッカーで使われる音の鳴るボールも、声とあわせて大切な情報だと落合さんは話します。

「選手は『ボイ』というかけ声やボールの音を聞いて、位置や状況を判断します。だからこそ声やボールの音でフェイントを掛けることもあるんですよ」(落合さん)

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

国際大会では「ボイ」と言いながら相手のもとに行かないなど、選手同士の駆け引きもあるとのこと。「かけ声の後、2秒で行く予定の所を3秒かけるといったこともありますよ。声を出すことで相手に情報を与えてしまうので、プレー中に考えることはたくさんあります」(落合さん)。普通に観戦していても気づかない場所で、絶妙な駆け引きが行われていることを教えてくれました。

言葉のコミュニケーションがプレーのカギ!

5人制サッカーは、目隠しされているからこそ、言葉でのコミュニケーションがカギになってくると落合さんは言います。

「例えば『足元にボールがある!』という言葉だけでは、左右どちらなのか伝わりません。右の足元か、左の足元かまできちんと伝える必要があるからこそ、言葉の端々まで気を遣って伝えるようにしています」(落合さん)

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

そこでアルコ&ピースのお二人が最初に挑戦したのが、目隠し体操!一人は目隠し、一人は目が見えている状態でスタンバイ。見えている人は、目の前で行われている体操を言葉だけで目隠ししているパートナーへ伝えます。

お二人は「長年一緒にコンビを組んでいるから大丈夫!」と自信満々。最初は平子さんがガイドとなり、肩回しの動きを言葉で伝えます。すると…

無事、伝えることに成功!今度は酒井さんがガイドになってプレーしてみたところ、こちらもなんなく成功です。長年、コンビを組んできた二人の息はぴったり!

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

「ただ、今回みたいに10秒以上かけて言葉を伝えていると、ゲームの展開は変わってしまいます。実際にプレーするときは、一言二言のキーワードを取り決めておいて、伝えるようにしてます」(落合さん)とのこと。実際の試合だと短い時間でコミュニケーションを取る必要があるため、難易度も相当上がるのだとか。

ボールを使ってプレーを実践!

今度はアルコ&ピースのお二人がアイマスクを実際につけた状態でプレーに挑戦。「まずは、見えない状態でパス交換をしてください」と髙山さん。落合さんもサポートにつきます。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

二人ともなんとかボールを蹴ることはできるのですが…狙ったところに蹴ったり、やってきたボールを受け止めたりすることに四苦八苦。なかなか上手くいきません。目隠しを外した瞬間、「やっぱり怖さもありますね!」と酒井さん。

次はゴールを使ってシュートを体験。酒井さんが蹴る側で、平子さんがガイド役を担当。ガイドは「ゴール、ゴール」と声を出し続け、シュートしてほしいタイミングで「シュート」と声かけをします。落合さんも目隠しをして、ディフェンダーとして参戦。酒井さんは落合さんを避けながらドリブルをしてシュートを目指しますが、惜しくも失敗!

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

次は平子さんが蹴る側に。ディフェンスする落合さんが目の前からずれたタイミングで、うまくシュート!無事ゴールに成功しました。

最後にアルコ&ピースのお二人がアイマスクを外した状態で縦に並んで立ち、髙山さんがガイド役で、落合さんのシュートを見学することに。二人が「ボイ、ボイ」と声を掛ける中、ものすごいスピードでアルコ&ピースのお二人をドリブルで交わして華麗にシュート!まるで全て見えているかのようなボールの扱いに視聴者も大盛り上がりです。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

「本番ではいきなり横からバッと相手が出てきますから、一瞬の隙を見て打ちます」と話す落合さんに、二人は「すごいなあ」と感心しきり。最後に酒井さんが再チャレンジして、ゴールを決め、体験は終了しました。平子さんから「酒井、だいぶディフェンス舐められてたよ(笑)」とからかわれながらも、酒井さんは「めちゃくちゃ楽しかった! ありがとうございます」と満足げ。

落合さんからも「二人は上出来」と太鼓判。特に酒井さんに対しては「サッカー経験者なだけあって、パスのコントロールも上手」と褒め言葉。でも舌も乾かぬうちに「大きな声では言えないけど」と前置きしつつ、「ボール1個分でとれないのは受け取る側の問題ですが、初心者の平子さん相手にスピードが速い。思いやりを…」とのコメント。酒井さんも思わず苦笑いしていました。

5人制サッカーが気になった方は、日本ブラインドサッカー協会が開催している「OFF T!ME(オフタイム)」(http://www.offtime.jp/)という体験プログラムにも、ぜひ参加してみてください。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

後半戦は、迫力満点の車いすラグビー!

番組後半では、車いすラグビーにチャレンジです。まずは、三井不動産プレゼンツ「3分でわかるウィルチェアーラグビー」という動画でルールをチェック。

車いすを使うパラリンピック競技の中で唯一、車いす同士のぶつかり合いが認められており、その激しさから「マーダーボール(殺人球技)」という紹介もありました。それを聞いたアルコ&ピースのお二人は「めちゃくちゃ怖いスポーツ?」「それだけ激しいの?」と、これから体験するスポーツにドキドキ。

試合は4対4の男女混合で、1ピリオド8分間で4ピリオドの合計得点で競い合います。障害により持ち点も異なり、コート上の選手全員の合計点が8点以内になるように編成します。バスケットボールと同じサイズのコート、バレーボールサイズのボールです。ラグビーと違うのは、前へのパスが認められていること。ボールを持った状態で相手のゴールラインを超えれば得点となります。

また、攻撃側は12秒以内にセンターラインを超え、40秒以内にトライしないといけない。一度センターラインを超えたら、ボールを自陣側に戻してはいけない。ボールを持っている選手は10秒以内にドリブルかパスをしないといけないなど、独自のルールがあるとのこと。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

映像が終わった後は、平子さんは攻撃用車いす、酒井さんは守備用の車いすに座って後半戦スタート。ラグビー経験がある平子さんは、ルールを見て「攻撃が秒数で決まっているから、入れ替わりが激しい」と、ルール説明だけで通常のラグビーとの大きな違いを感じたようです。

新車も1ヶ月で傷だらけになるほど激しいスポーツ!

ゲストとして登場したのは、車いすラグビー日本代表・池崎大輔(いけざき だいすけ)選手。乗り始めて1ヶ月という新車で登場したのですが、すでに傷だらけ!二人は「えー!こんなになっちゃうの!?」とびっくりしていました。ところどころ黒くなっている部分は、滑り止めに使っている松ヤニやグローブ、テーピングによる色なのだそう。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

視聴者から「1台いくらするのか?」との質問に、「タイヤもよくパンクするので、スペアも入れたら、150~180万円くらい」と池崎選手。試合中に壊れても、メカニック担当の方がすぐその場で直してくれるのだそうです。

怪我についての質問に対して、「僕が一番大きな怪我をしたのはリオデジャネイロパラリンピックの2ヶ月前に手首を骨折したことです。ボルト入れて、毎日ケアをして、パラリンピックに挑みました」という池崎選手のエピソードに、アルコ&ピースのお二人も「うわぁ…」とびっくり。他にも「聞いた話ですが、歯が折れたり、膝が割れたりといったこともあるようです」とのこと。さすが激しいスポーツです。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

衝撃はどれくらい? 車いすラグビー体験

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

次は実際に車いすラグビーの専用球を使って、プレーにチャレンジ!バレーボールと同じサイズのボールは、手に障害があっても扱いやすいように、表面がざらざらとして滑りづらくなっています。このボールを使って、まずはパスの練習をしました。

単純なパスから回転を効かせたパスなど、次々と投げ合う3人。床に落ちたボールに対して、「ボールを落とすと握って拾えないので、タイヤの縁を使って手元に持ってきます」と池崎選手。素早く落ちたボールも拾い上げます。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

次に車いす全体を使えるフルコンタクトスポーツならではの魅力を感じるためにと、池崎選手から「タックル体験」の提案が。ラグビー経験のある平子さんですが「めちゃくちゃ怖い」とびびりまくり。池崎選手「車いすが守ってくれるので体には当たらない」と言いつつも、さらりと「恐怖とリスクは背負うものです」との言葉に、二人はさらに震え上がります。

まずは平子さんの車いすに対して、池崎選手が小さく「コツン」と当たりにいきます。見た目にはわずかな衝撃ですが「これでも結構衝撃がある!」と平子さん。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

次に、攻撃用車いすの酒井さんの後ろに支える人を置き、勢いをつけて走ってきた池崎選手と正面衝突体験!池崎選手の勢いに酒井さん「怖い!」と思わず叫ぶほど。ガツンと大きな衝撃のあとは「こわ…!」と、体が浮くほどの衝撃に目を見開いていました。

もちろん平子さんにも勢いをつけてタックル!向かってくる池崎選手をみて「うわー!」と絶叫!当たった後、がっくりとうなだれる平子さんを見て、酒井さんが大笑いしていました。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

ちなみに池崎選手曰く、待っている状態でタックルを受けるのは試合中のタックルより怖いものだそう。池崎選手自体も「最初は怖かったけど、今は快感」になっているそうで、「タックルを待っていたら負ける。自分から行かないと負ける」と、気持ちの面でも自ら向かっていくことが大切だと話していました。

追いかけっこをするはずが…!?

「やられっぱなしは悔しい」と、アルコ&ピースのお二人から池崎選手へ、2対1で追いかけっこをして捕まえるというゲームを提案しました。動く池崎選手に対して追いかけようとする2人。しかし、逃げながら池崎選手は二人に猛烈タックル!あまりの衝撃に平子さんは「2回もぶつかられた…もうやだ」と、あっさり気力がダウン。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

「小回りが利くところを見せたい」という二人の主張を聞いて、もう一度追いかけっこ再開。しかし、池崎選手のすばしこさに、全くタッチできません。最終的に、二人がギブアップして終了となりました。

酒井さんは走り回ってみて「想像以上の激しさ」とびっくり。池崎選手は走っている最中にぶつかるだけでなく、行きたいルートにいる選手をタックルしてどかしながら走るということもあることも教えてくれました。

次は、アルコ&ピースの二人が、迫り来る池崎選手から、二人の後ろに置いたボールを守るというゲームを体験。再び怖がっている平子さんに池崎選手が思い切りタックルして、あっという間にボールを取られてしまいました。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート
5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

何度もタックルされてすっかり落ち込んだ平子さんは、視聴者のコメントに救いを求めます。「平子さんかわいそう」「ツイッター荒らしちゃおう」「平子さんかっこいい」など架空のコメントを読み上げる様子に、池崎さんも酒井さんも「そんなこと書いてない」と苦笑い。「実際はどうでした?」との酒井さんの問いに、平子さん「『こういうの待ってました』って書かれてるわ(笑)」と素直に白状していました。

プレー後、アルコ&ピースの二人は、「楽しい!」「試合が見たくなる」と、観戦への興味を話します。池崎選手も「試合はもっと激しいし、いろんな役割も見えてくる。何より転んだ選手が起き上がると拍手が湧くなど、感動的なシーンもあります」と車いすラグビーの魅力をアピール。また、今回のようなタックル体験は、他ではなかなか味わえない衝撃。「タックルを体験すると車いすラグビーを忘れられなくなると思います」とも話していました。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

どちらも衝撃だったパラスポーツ体験!

1時間にわたったTBSラジオ「アルコ&ピース D.C.GARAGE」と「TEAM BEYOND」がタッグを組んだスペシャル配信。酒井さんから「いかがでしたか?」と振られた平子さん「いかがもなにも、全部とんだ」と最後のタックルの衝撃がすさまじかったことを感じさせるコメントに、周りからも笑いが漏れます。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

「車いすラグビーはすごい衝撃。またブラインドサッカーも、目の前で抜かれたときの衝撃が忘れられない。試合では何倍もすごいのだから…」と、スーパープレーへの感動を話しました。

5人制サッカー、車いすラグビーの魅力を体験!「TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』でパラスポーツ体験動画をライブ配信」レポート

最後にもう一度追いかけっこで、アルコ&ピースのお二人が池崎選手を捕まえて終了…となるはずが、池崎選手にタックルされて「怖い!!!」と叫びながら、楽しそうに番組は終了となりました。

1時間という短い時間でしたが、5人制サッカーと車いすラグビーの魅力が詰め込まれた内容にAIR STADIUMで観戦していた視聴者からも応援コメントが溢れ、盛り上がっていました。

TEAM BEYONDでは、今後も様々なパラスポーツ動画を配信していきます。
TEAM BEYONDメンバー向け動画配信ツール「AIR STADIUM」で視聴すると、同時に参加できる応援ボタンやメンバー同士での交流できるチャット機能など、動画をより一層お楽しみいただけます。ぜひ、TEAM BEYONDへのメンバー登録の上、ご覧ください!
<メンバー登録はこちらから>https://www.para-sports.tokyo/apply/

20210331

ページトップへ