「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

2021.02.26
「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

2021年1月30日(土曜日)・31日(日曜日)に、千代田区立スポーツセンター(東京都千代田区)にて「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」が開催されました。
TEAM BEYONDでは、前回(第4回全日本パラ馬術大会)に引き続きリモートでの観戦会を31日(日曜日)に実施。素敵なゲストを招いての実況解説や出場選手を招いてのオンライン交流会を行いました。
新型コロナウイルス感染予防対策の観点から競技は無観客で行われましたが、プロジェクションマッピングによる競技エリアの映像演出やリモート応援システムの導入など、オンラインに特化した大会づくりを行い、競技の魅力や、選手の闘志や緊迫感、歓喜などを視聴者にお届けしました。

大会や、リモート観戦会、オンライン交流会の模様に加え、奥山一輝選手への事前取材、リモート応援システムのメイキングの模様も含めてレポートいたします。

本番に向けて練習を行う奥山選手へインタビュー取材を実施

1月16日(土曜日)に大会に向けて練習を行う男子65㎏級 奥山一輝選手をトレーニングジム、パワーハウス(東京都調布市)に訪ね、インタビュー取材をさせていただきました。
────────────────────────────────────────────────────────────────
奥山一輝(おくやま かずき)選手(サイデン化学株式会社所属)
1997年6月24日生まれ
先天性の二分脊椎症。高校2年生でパラ・パワーリフティングを始める。
2020年第3回チャレンジカップ京都1位 男子65kg級、日本記録保持者(151kg)
────────────────────────────────────────────────────────────────

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

特定非営利活動法人日本パラ・パワーリフティング連盟 吉田進理事長からアドバイスを受けながら調子を整える奥山選手。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

練習の後、インタビューを受ける奥山選手。
インタビュアーはスポーツアナウンサーの羽村亜美さん。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

男子65kg級で151kgの日本記録保持者である奥山選手、
パラ・パワーリフティングとの出会いから、記録の大幅な更新の裏側にあるフォーム改善の取組、「赤色のプレート(おもり)を3つ、175kg(*)を挙げたい」という目標などを実技も交えて熱く語っていただきました。
(*)赤色プレート25kg×6つ(左右各3つ)+バー20kg+カラー(留め具)2.5kg×2つ(左右各1つ)=175kg

編集の都合で残念ながら入りきらなかったやり取りもありましたが、このインタビューの模様は、TEAM BEYOND公式ウェブサイト(https://www.para-sports.tokyo/join/watch/2101_japan_para-powerlifting/)からご覧いただけます。

素敵なゲストを招いて楽しく実況解説したTEAM BEYONDリモート観戦会

本大会は、国内で開かれる大会としては、東京2020パラリンピック最終選考につなげるためのラストチャンス(*)。
大会2日目の1月31日(日曜日)は男子65㎏~男子107㎏級の重量級6クラスの競技を3つのセッションに分けて行いました。
リモート観戦会は、解説を日本パラ・パワーリフティング連盟 吉田進理事長、実況を元文化放送アナウンサーの菅野詩朗さん、特別ゲストとして第5-6セッションでは、タレントのなべやかんさん、第7セッションでは、筋肉アイドルの才木玲佳さんを招いて観戦会を大いに盛り上げていただきました。

(*)東京パラリンピック日本代表になるには、
・IPC指定の大会に必ず出場すること
・パラリンピックの参加標準記録(MQS)
・2021年6月27日時点での東京2020パラリンピックランキングの順位(各階級男子上位8位、女子8位)
の条件をすべてクリアすることが必要。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

「身体の筋肉を一瞬にして連動させなくてはならない、少しでもずれると左右のバランスが崩れてしまいます。」なべやかんさんは、元パワーリフティング日本代表の視点で、パワーリフティングの難しさを語ります。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

「競技の迫力がすごいというのが率直な感想です。選手の呼吸、繊細な手の握り方、選手の緊張感も伝わり、私も思わず身体が動いてしまいました。」とすっかりパラ・パワーリフティングに魅了された様子の才木さん

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

息をのむ白熱した試技を実況する菅野さん

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

パラ・パワーリフティングのルールや、選手の背景をわかりやすく解説する吉田理事長

集中力・精神力・腕力を発揮する3秒に凝縮されたドラマ

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

男子65㎏級の奥山一輝選手(サイデン化学株式会社)は、1回目の試技でいきなり日本記録に迫る147㎏を押し上げ成功。試技2回目と3回目には自身の日本記録151kgを超える152㎏に果敢に挑戦しますが惜しくも失敗。それでも男子65kg級を制しました。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

試技後のインタビューでは、「いつもしないミスを連発してしまって・・・」と悔し泣きを見せるも「東京パラリンピックまであきらめず頑張ります」と力強く語る姿が印象的でした。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

男子88㎏級を制したのは、大堂秀樹選手(SMBC日興証券株式会社)。
最終3回目の試技で180kgに失敗しましたが174kgの記録で見事優勝。解説の吉田理事長も「完璧です」とコメントし、ゲストのなべやかんさんも「時間の使い方も完璧!」とパラリンピック3大会連続出場の貫禄を見せつけました。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

男子72㎏級の宇城元選手(順天堂大学)は、3回の試技で記録を確実に伸ばして176㎏の日本新記録を樹立。今大会の男子最優秀賞を獲得。日本のパラ・パワーリフティングを代表する選手だけに安定感のある試技を披露しました。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

男子80kg級は、斉藤伸弘選手が、160kgをあげ見事優勝。力を使い果たした姿に吉田理事長も「よく頑張った」と会心の試技を称えました。

男子97kg級は、レベルの高い大接戦となり、馬島誠選手(日本オラクル株式会社)、佐藤芳隆選手、佐藤和人選手、石原正治選手(オリンパステルモバイオマテリアル株式会社)による日本記録を懸けた熱い戦いが繰り広げられました。第3試技で161kgを上げた馬島選手がこのクラスの優勝。対して佐藤和人選手は、記録は160kg3位ながらも特別試技(*)で165kgの日本新記録を樹立。

次々とライバルたちの記録を超えていく白熱の戦いにゲストの才木さんも見入っていました。

(*)特別試技は、日本新記録に挑戦できる試技。試合の結果には影響しないが記録としては認定される。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

男子97㎏級を制した馬島誠選手

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

特別試技で日本新記録を樹立した佐藤和人選手

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

今大会最重量級の男子107kgは、“日本最強男”中辻克仁選手が195kgを上げて優勝しました。バーベルもしなる迫力ある試技にゲストの才木さんも魅了されていました。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

選手のルーティン動作、呼吸方法、バーベルを上げる際の動作など、ひとつひとつ興味深く吉田理事長に尋ねる才木さん。

無観客の大会でリモート応援。選手に元気を届けるプロジェクト

本大会は無観客で開催されましたが、視聴者から選手たちにスマートフォンを使って声援を送ることができるリモート応援システム「Remote Cheerer powered by Sound UD」が初めて導入されました。

こちらはTEAM BEYONDの企業・団体メンバーでもある聖学院と女子聖学院の皆さんによるパラスポーツ応援プロジェクトの1つで、現地で声援を送ることができない分、事前に収録した音声を大会当日に会場で流し、選手を勇気づけようという取り組みです。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

生徒の皆さんは「応援をすることで、選手の方に一段階上の力を出していただければよいと思います」と心を込めて声援を送っていました。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

プロジェクトメンバーによる応援、声援の収録の模様。1人ずつマイクの前で発声。(202012月取材)

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

名前や応援メッセージが書かれた応援ボードや選手を力づける応援メッセージ動画、応援歌も聖学院と女子聖学院によるパラスポーツプロジェクトの一環で制作され、会場内で選手に届けられました。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

「声援は嬉しく、応援は力になっていました。」記者会見時に応援ボードに書かれたメッセージを掲げる宇城選手。

「聖学院と女子聖学院の協力以外でも日本工学院八王子専門学校はキービジュアルのデザインや演出のための音楽、関東学生パワーリフティング連盟には会場での競技補助をお手伝いいただいた。」(吉田理事長)

パラスポーツを支える若い力が集結して大会を盛り上げることができました。

奥山選手を迎えて、オンライン交流会を実施

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

リモート観戦会の実況・解説のメンバーに加え、奥山一輝選手を迎えて、オンライン交流会を開催しました。

「それぞれのクラスでハイレベルな接戦が繰りひろげられ20年間の大会で最高の大会となった」と大会を振り返る吉田理事長。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

「プラン通りいかず悔しい結果ですが、それでも147kgで優勝できたことが何より嬉しいです」と奥山選手。 吉田理事長が「怪我をせずに毎年階段を上がるように記録を伸ばしていけば未来は明るい」と激励。

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

AIR STADIUMのチャット欄に寄せられた「好きな筋肉はどこですか?」という質問に上腕二頭筋と笑顔でポーズを決める才木さん。奥山選手の胸鎖乳突筋を自由に動かす特殊(?)な能力も披露され筋肉トークが盛り上がりました。この模様はTEAM BEYOND公式動画チャンネル(YouTube)にてアーカイブ映像を配信しています。ぜひご覧ください!

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

交流会の最後には、奥山選手と才木さんのサイン入りTシャツのプレゼント告知も

「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」 リモート観戦会、オンライン交流会を開催!わずか3秒に凝縮された極限のドラマ

オンライン交流会の最後に、視聴者に向けて笑顔で手をふる4名。

リモート観戦会となった「第21回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」、チャットでリアルタイムに多くのコメントをいただき、リモート応援システムを通して多くの視聴者の方からの声援、応援が届き、オンラインならではのスタイルでパラスポーツの輪を広げることができました。

あなたも、ぜひ選手たちに熱い応援を届けてみませんか?

スポーツをする人も、観る人も、支える人も、あらゆるメンバーが一つのチームとなってパラスポーツを応援していきましょう!

みなさまのTEAM BEYONDへの参加を心よりお待ちしております。

20210226

ページトップへ